スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HighLowオーストラリアで1ヶ月経過

こんにちは。
久々の更新で、度々訪問いただいている方にはすみませんm(__)m

HighLowオーストラリアをスタートして1ヶ月とちょっとたったので状況などを書きたいと思います。

まず、スタート時の5万円を1ヶ月で100万円にするチャレンジは、目標の半分も行きませんでした(。-_-。)
最初の2週間で順調に30万円を越えたところで、目標クリアに向けて、ロットを上げ、さらに同時間帯の複数通貨エントリーを始めたところで最大のドローダウン10連敗。
この10連敗については、6連敗時点で3回がスプレッド負けだったので、ちょっと冷静さを失ったことで10連敗になってしまったという事情もあったのですが・・・

そんなこんなで一挙に資金を減らしたことで、メンタルに影響がでてロットを下げなければならない状況になり、浮上に時間がかかりました。

以前トレードしていたGMOクリックの旧BOでも同時間帯で複数通貨エントリーしていたので、最大10連敗のドローダウンは想定していましたが、システムの違うハイローオーストラリアでは始めたばかりということもあって疑心暗鬼になってエントリー数を減らしたのも目標から乖離した一因です。

ということで、エントリーの練り直しも同時進行で行っているので、今はロット1万〜2万(新しいポイントは5千円)で確実にトレードしている今日この頃です。

こんな感じ


さてここで、ハイローオーストラリアですがペイアウト2倍のスプレッドハイローと、ペイアウト1.8〜1.85倍のハイローがあるわけですが、どっちがいいのか?についての検証です。

スプレッドハイローのスプレッド負けと同値引き分けが通常のハイローでは勝ちだったと考えると、ざっとスプレッドハイローでスプレッド負けと同値の合計が総トレード数の5.6%を越えるのならば通常のハイローの方が有利ということが言えると思います。(ハイローも同値があったり、ハイローのペイアウトは1.8〜1.85と幅があるので厳密には言えませんが)

私の1ヶ月あまりのトレードで見ると、総トレード481のうちスプレッド負け23、同値8 で6.45%(3月 5.5% 4月 7.0%)でした。
この結果からみると、今のところ通常のハイローの方がスプレッドハイローより有利ということになります。

仮にスプレッドハイローで同値の場合、トレードしなかったと考えて、上記の計算から抜いて計算してみると、473分の23=4.86%となり微妙ですが・・・

あとはメンタルの問題や計算のしやすさなど好き嫌いの問題になりますが、私の場合エントリーに関して5分ごとの終値エントリーから若干修正を加えて途中INもしたりしていますので、もう一ヶ月様子を見て見ようと思います。
5月も同じような結果なら、スプレッドハイローから通常のハイローに変えようかと思います。

使い分けも考えたのですが、ボラが大きい小さいだけでスプレッドが有利不利とは言えませんし・・・
難しいところですね。

ただこのハイローオーストラリアはGMOクリックの旧BOファンにとっては取り組みやすいかと思いますので、一度デモ取引してみるといいと思います。(会員登録も口座開設も必要ないです)

HIGHかLOWか予想する取引

ハイローオーストラリアのいいところ悪いところは前回のブログを参照してください。
下↓ に書いてます
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Teru

Author:Teru
25年以上勤めていた会社を2012年1月で退職。

勤めていた時から始めたFXで身を立てていこうという無謀?な挑戦をしていきます。

過去に強制ロスカット2回で300万円のマイナスを経験。

そんな過去にも関わらず専業に転身し、まずは法人化→年収3000万を第一目標に掲げ日々奮闘しています。

2012年10月、外為オプションで3万円を2週間で27万円、1ヶ月で84万円にしたことから、主戦場をBOに変更。

2013年7月、外為オプションのルール変更やペイアウト率低下で再びFXに。
BOの経験を活かしスキャルピング系デイトレに移行。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサーリンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています、応援よろしくお願いします。 ちょっと人差し指に力をいれてポチっとしてください。
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。